忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

夜の動物園

我が家のお盆は8月。
13日に迎え火を打って、お墓参りしてご先祖様をお迎えにゆくのだが、今年はお墓参りの足で、実家に寄り、遊びに来ていた妹&姪っ子といっしょに動物園へ。(たぶんご先祖様もいっしょ)
動物園も夏休みの特別イベントとして「ナイトZOO」をやっていて、午後8時半まで開いていたので、夜の動物が見られるとワクワクして出かけた。

でも実際は19時に展示終了のコーナーが多くて、その代わりと言ってはなんだけど、遊園地やライトアップ企画で盛り上がっていたような感じ。

妹は「イケメンゴリラ」に会う! と張り切っていたが、彼は賢くも人目につかない場所に引っ込んでゆうゆうと食事をとっているようだった。次に見に行ったアフリカゾウも、日が暮れたのに大勢の観客がいるので、身を隠す場所に困っていたような。「何かに見られている」という感覚は気持ちのいいものじゃないしね。

しかし、逆に夜に活発になる動物もいて、飼育員ラブのオオカミや、日が暮れると愛嬌を振りまくビーバーなど、目を楽しませてくれた。ハリネズミは寝ているだけで可愛い(FFにそっくりなモンスターがいたような)。

一番楽しかったのは爬虫類。爬虫類や両生類をまとめて展示してある館があり、それがもう最高。ジャングルを模した通路は明かりが落としてあって、夜の雰囲気抜群。通路の下には浅めの水槽があり、各種ワニやカメがウヨウヨ。水槽内に放たれている魚は観賞用&エサではないかと。そして「コインをいれないで下さい。水質が悪化し、ワニが誤飲してしまいます」との張り紙にウーン……。明らかにどこかの噴水と間違われてるよなあ。

水中に潜むワニ、水面に目と鼻だけ出しているところ。

さて、以下は爬虫類好きが大喜びで撮った写真につき、苦手な方はご注意下さい。
PR

真夏の美濃太田探訪

思い立って友人と太多線の旅に出かけた。連日最高気温が35度以上という真夏のさなかに、正気の沙汰とは思えないけれど、ある猫作家さんを訪ねて。
(画像をクリックすると拡大できます)


東京旅行記

5月の29日・30日の二日間にわたって25年ぶり? くらいの東京旅行。

本来の目的は某賞の授賞式だけれども(ここは主に音楽関係のネタを書くブログなので、詳細はあえて伏せます)、せっかく東京へ行くのだからと欲張って遊びの計画も詰め込んだ。巻き添えを食らわせてしまったのは大学の先輩2名と、中学生の時以来会えずにいた古い友人1名。多謝。



誰もが写真を撮りたくなるという
東京駅構内の天井。
『天使の歩廊』を思い起こします。



その手は桑名の……

焼きハマグリを食べに、というわけではないが、友人と桑名までプチ旅行に出かけてきた。
目的は六華苑(旧諸戸清六邸)。大富豪が金に飽かして贅を尽くして、設計を有名な外国人建築家に依頼したという私邸。その外国人建築家というのが、ジョサイア・コンドルといって、鹿鳴館を設計したり、財界関係者の邸宅をいくつも手がけたほか、工部大学校(現・東京大学工学部建築学科)の教授として明治以降、日本の建築界をリードする建築家を育成したという、大変な大物だった。

明知鉄道の旅

穏やかに晴れた冬の日、プチ旅行を楽しんできた。
明知鉄道はじねんじょ列車に乗り、城跡を訪ねる旅。

じねんじょ列車というのは、車内で景色を楽しみながら、じねんじょをメインに置いた料理をいただくという、列車好き、旅好きにはたまらない企画。季節が変われば、寒天料理になったりきのこ料理になったり、四季折々の山の幸を楽しめる。その他、みやげ物の車内販売もあり、明知鉄道さん、商売熱心なことです。

with Ajax Amazon