忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

上海旅行2

さてさて、少し日にちが開いてしまいましたが、そしてご無沙汰の間にいろいろイベントがあったのですが、とにかく旅行記二日目いきます。

3月26日
目が覚めたのは7時頃。大きなベッド、静かで空調が効きすぎてない(これポイント高い)部屋だったのでよく眠れた。一方、ダンナ氏はなかなか眠れず早朝に目覚めてしまったようで、最速の内線が鳴る鳴る。ちなみに、ベッド脇のほかにバスルームにも受話器があって、用足し中でも湯浴み中でも電話が使えるようになってる。水回りがトラブル起こしたときは便利だろうね。

朝ごはんはホテル近くのカフェ。カタコト英語で注文していると、ヨーロッパ人がぞくぞくと入ってきた。値段がいいせいか中国人は少なめ。中華も美味しいけど、パン食にありつくとほっとする。
無料Wi-Fiを提供していたのでここぞとばかりに情報をチェックする。ほかのお客さんもスマホやタブレットをしきりと操作していた。ここに限らず、無料Wi-Fiを提供している飲食店は多いし、公衆電話ボックスには必ずChina-netの無料Wi-Fiがついている。これならiphoneを持たずともipod touchがあれば十分かも。娘に言わせると日本の場合は確かに無料Wi-Fiスポットがあるにはあるが、au専用とかsoftbank専用とか、キャリアが限定されることが多く、あまり便利ではないらしい。

この日は普安路のバスターミナルからバスに乗って朱家角へ。水郷地帯で有名な運河と橋と土産物屋の集落。高速を使って約50分の旅。運賃は片道12元で出発直後に車掌さんが集める。たいてい女性で、制服はなく、車掌カバンと交通カード読み取り機を持っている。上海にもマナカみたいな公共交通機関用のカードがあるのね。
朱家角のバスターミナルをおりたとたん、客引きのオジさんが寄ってきた。名物の橋までリキシャ(自転車で引く人力車)に乗せて行ってくれるというが、値段がぜんぜん高いので断り続けたものの、間違った方向へ行きかけたのを教えてくれたりして、結局はしつこさに負ける。バス運賃と比べると、らかにぼられた感はあるけど、リキシャ体験はまあまあ面白かったので良し。



実際、朱家角は見事な水郷の街だった。建築物と景観は昔のままに、でも一歩路地に踏み込むと、そこは土産物店と食べ物屋が立ち並ぶワンダーランド。イメージ的にはそうだね、「千と千尋の神かくし」の序盤に登場する商店街。千尋の両親が無遠慮に神様の食べ物に手を出したために豚にされてしまったあの町並みによく似てる。

昼食は、客引きのおねいさんの迫力いや、けなげさに負けて橋のたもとの食堂で食事。運河のよく見える、2階の窓際の席に案内してもらう。ここは英語のわかる店員さんがいなくて焦ったが、さすが観光地、英語表記のついたメニュー表があって助かった。レン魚の蒸焼きと鳥肉の蒸焼きが美味しかった。炒飯もスープも大盛りで、150元で4人がお腹いっぱい。
道を歩いていると放し飼いのイヌが多くて驚いたが、でもおりこうさんなことに、通行人には目もくれず縄張りを回り、用がすんだらちゃんと家に帰る。まるで見えないリードで飼い主とつながっているみたいだった。(ワンコの写真はクリックで大きくなります)


PR

上海旅行記1

三年ぶりの家族旅行は海の向こう、中国大陸へ渡ることになった。子連れでは初海外。
行き先は彼の国でも有数の大都会、上海。自分も海外旅行をするのは新婚時のアラスカ以来なので、パスポートは取り直し、2月のうちに、子どもたちの分もまとめて旅券センターまで申請に行ってきた。昔に比べて写真のチェックが厳しくなったような気はする。
旅行会社を通じて飛行機のチケットとホテルだけ取ってもらい、あとは自分たちで好きなところに出かけるという、いつもながらのスタイル。しかし中国語が多少なりともわかるのはダンナ氏だけ。自分は英語なら何とか対応できるという状態でどれだけ動き回れるのか。

09:35   セントレア空港発(中国南方航空)
10:50   浦東空港(上海)到着 日本時間では11:50(時差1時間)
11:30~  翌日のバス旅行予約のため、タクシーでバスセンターへ。
14時ごろ ホテル(東湖賓館)にチェックイン。
15時~  新天地、田子坊などショッピングスポットをめぐり。
      途中、飲茶の店で休憩。
18時ごろ ホテルに戻り、上海在住のダンナ氏の知人と待ち合わせ。
19時~  レストランに連れて行ってもらう。
21時ごろ ホテルに戻る。豪華な部屋でぐったり丸太のように眠る。 
(↑ 租界時代の建物をリノベーションしたお店の一角。とてもシック。新天地にて)


多治見ツアー

スタート地点は1軒の蕎麦屋。

ダンナ氏の休みと自分の休みがうまく重なったので、ドライブしがてら多治見まで蕎麦を食べに行こう、が最初の話。
美味しく蕎麦をいただいたあと、店のまわりが良い雰囲気だったので散歩することにした。あらためて調べてみると、そこは「オリベストリート」と呼ばれる観光ポイント。古くて立派な商家の蔵がいくつか残っていて、今ではアンティークショップやカフェとして再利用されている。
しかし、平日のためか休業日が多く、またアンティークショップの展示品はけっこうありがちな昭和の品々だったので過大な期待は禁物と見た。陶器類はモノも値段も良い。
蕎麦屋の裏手にある、蔵を利用したカフェは、内装もコーヒーの味もナイスだった。コーヒーはサイフォンで淹れたもの。とてもまろやかなお味でしかもプチケーキがサービスでついてくる。

オリベストリートはあっという間に見終わったので、少し足を伸ばして多治見修道院へ行って見た。車で10分ほどのところ。


入り口に「神言会」とある。なんだ出身大学と同じ宗派ではないかと急に親近感がわく。敷地内地図を眺めるだけでも興味深いことをいろいろ発見したし(ぶどう畑がやたらに多くてそれは自家製ワインを作っているためだとか、大学にあったロゴスセンターみたいに研修施設も兼ねているとか)、本当は中庭までもし見学できたら回りたかったが、ダンナ氏はキリスト教とは縁が薄いためかあまり興味がわかないようで、聖堂だけ見てさっさと駐車場へ戻ってしまい、あまつさえ門前まで迎えに来るので車に乗り込むしかなかった。

渋い? 渋いでしょ

本日は職場の女子会。
愛知学院歯学部の裏にある寿司屋まで出かけて、ランチを楽しんできた。

その帰り、わざわざ名古屋まで出てきたのだからと、徒歩10分の日泰寺でお参り。名古屋育ちでありながら日泰寺に足を踏み入れたのは初めてで、このお寺の名前の由来がタイ王国にあると知り、驚き。(日本+タイで「にったいじ」)平日でしかも火曜日だったため、参道のお店はほとんどが定休日で、境内は閑散ととしてたが、広々とした空間と静かな空気が心地よかった。ちゃんとお線香をあげてきたし、ご利益あるかしら。

次に立ち寄ったのが揚輝荘(ようきそう)。
松坂屋初代社長が構築した別邸だそうで、現在迎賓館のある南園は改修工事中につき立ち入れなかったが、赴きある庭が広がる北園は無料で見学できた。まわりをマンションに囲まれながらも、この庭園には樹木が鬱蒼としげり、池にかかる橋や茶室が幽玄の世界を演出している感じ。
名月の季節には、ここでお月見会が開かれるという。行きたいけど、その日は仕事が休めないのよ〜(T_T)



お泊り抜きでも家族旅行

って当たり前ですね。

今年の夏はなかなか家族の予定があわず、お泊り旅行は無理。なので奇跡的に全員の休みがそろってなおかつ用事のない12日にロングドライブに出かけた。お犬様もいっしょ。
早朝に高速道路に乗り、岐阜県を縦断して富山県境付近まで北上する。帰りは長野に抜け、伊那谷で茶そば&ソースカツ丼を食して帰宅。特に観光名所に寄るわけでもなく、スイーツの店に立ち寄るわけでもなく、ときどき道の駅で休憩しながら延々と山の中を走ってきた。それだけでも結構面白い。トンネルは掘削された時代によって構造や内壁の様子が違うし、岐阜から長野に入ったとたん道と山の空気感が変わったりして。






with Ajax Amazon