忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

安心してください……?

祝祭管練習記「ラインの黄金」編です。

本日はトレーナーのS先生による合奏。全体的にはだいぶ流れが掴めてきた感じなので、本日は難所の整備にとりかかるS先生。難所といえば、その多くが弦楽器パートにあり、管楽器の方々には申し訳ないくらいしっかり弦をみていただいた。
譜割りの難しいところについては、わかりやすく切り分けて練習する、和音の響きを確認しながら練習する、ポイントとなる音を見つけるなど、汎用性の高い方法でご指導いただいた。
PR

風邪にやられました(指輪の呪いではありません)

別名「鬼の霍乱」とも言いますが。
本日、2回めの指揮者来団日。

1月は諸般の事情でまったく練習に出られなかったラインゴールド、2月の指揮者来団日は少なくとも落ちないように弾けるようにしなくてはと、スコアにすべて練習番号と小節番号をふり、ビオラの段にはマーカーをぬったりして多少なりとも予習した。
ところが2月の2週目に入ってからどうも体調がおかしい。◯◯は風邪をひかないとは言うが、この冬の風邪は非常に感染力が強いらしく、喉がなんとなく痛いと思っていたら、喉を通り越し、鼻にきて、眼の奥と耳の奥が腫れた。仕事を休むわけにはいかないので、家事以外の時間は寝倒して養生し、練習当日にはなんとか出席できるレベルまで復活。しかし、娘さんが倒れた_| ̄|○

というわけで、看病のため早退。

でも練習記は書くよ。

ライン川で遭難しそう

”感動”の「復活」コンサートから2日おいて天皇誕生日の日、今度は祝祭管の練習で、できたてほやほやの東海市芸術劇場へ。(非常に綺麗に整えられた施設で、特にトイレは感動モノ)

指揮者来団につき、「ラインの黄金」を全幕通しての練習。前もって難所をさらっておく? 無理無理無理。疲れの抜けない自分の身体を練習場へ運んでゆくのが精一杯。

本当に「練習は裏切らない」だったのか

さてさて、あれほど心配された長久手フィルハーモニーの演奏会、マーラー交響曲第2番「復活」の出来栄えがどうだったかというと、結果的には成功と言ってよいと思う。

求められているのはピンチをチャンスに変える胆力

祝祭管じゃない方のびおら練習記です。こちらは一年半振り?
思わず力の入ったタイトルをつけてしまい、管理人自らドン引き気味。



with Ajax Amazon