忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

ライン川で遭難しそう

”感動”の「復活」コンサートから2日おいて天皇誕生日の日、今度は祝祭管の練習で、できたてほやほやの東海市芸術劇場へ。(非常に綺麗に整えられた施設で、特にトイレは感動モノ)

指揮者来団につき、「ラインの黄金」を全幕通しての練習。前もって難所をさらっておく? 無理無理無理。疲れの抜けない自分の身体を練習場へ運んでゆくのが精一杯。
PR

本当に「練習は裏切らない」だったのか

さてさて、あれほど心配された長久手フィルハーモニーの演奏会、マーラー交響曲第2番「復活」の出来栄えがどうだったかというと、結果的には成功と言ってよいと思う。

求められているのはピンチをチャンスに変える胆力

祝祭管じゃない方のびおら練習記です。こちらは一年半振り?
思わず力の入ったタイトルをつけてしまい、管理人自らドン引き気味。



ラインの乙女たちに遊ばれてきました

愛知祝祭管弦楽団「ラインの黄金」シーズンが始まった。来年の9月に向けてじっくり曲に向き合ってゆく。

譜読みは10月だったが、その時は某締切と戦っている最中だったのでお休みして、11月から参戦。昨日の練習が自分的には譜読みだった。文字通り、ほぼ初めて楽譜に目を通す状態……orz
(もちろん、一通りスコアを見ながら曲は聞いてきたし、小節番号や練習番号も数々の数え間違いと戦いながら、きっちりつけてきた)

「若気の至り」上等!

世の中には、「本気でバカをする」人種がいる。いや「できる」と言ったほうがいい。
今回の演奏会は、そういう人たちが集まったからこそ実現した。

 
愛知祝祭管「嘆きの歌」特別演奏会が無事に終了。
演目は交響詩「葬礼」・花の章・カンタータ「嘆きの歌」
すべてマーラーの最初期の作品。



with Ajax Amazon