忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

三が日@2015

今年のお正月は、近年まれに見るぐだぐたっぷり。「くうねるあそぶ」を地で行ってしまった。
お正月だからとアルコールやごちそうを自分に許してしまうのはもちろん、毎朝、お日様が高く上るまで惰眠を貪っていられる。人間、何も制限がないとどこまでも形をくずしてゆけるものだと我ながら驚いた。

元旦
これまた近年まれに見る穏やかな正月で、散歩にぴったり。お屠蘇で足元がふらふらしていたので、お嬢さんをひきつれ、酔い覚ましもかねて、初詣→郵便ポスト→モスバーガーでお茶タイム→元旦営業をしていたドラッグストア(お疲れ様であります)で日用品の買い物→息子くんのためにファミチキを買って帰る、という広い町内一周コース。あとでスマホの万歩計を見たら7600歩くらい歩いていた。

二日
家族で大須へでかける。案の定ものすごい賑わい。参拝の列も長い長い。買い物初めの後、実家へ顔を出し、すき焼きその他をごちそうになる。二十歳になった娘のために、上等の日本酒で乾杯。やはりフラフラしながら、酔い覚ましのため、最近できたばかりの近所の書店へ歩いてゆく。そこで「音楽の友」入手。我らがマエストロのインタビュー記事が載っている。そして、ハヤカワ文庫が置いてないことに微かな悲しみと憤りを感じつつ店を出る。この日歩いたのは5500歩くらい。

三日
そろそろ平常運転にもどしていかないとツライなと思い始めたが、やはり午後から近場のアウトレットパークへ家族でお出かけ。それがもう、ものすごい渋滞で広大な駐車場があるにもかかわらず、道路は駐車場へ入る車の列が延々とのびる。どこからこんなに大量の車が湧いて出た? というくらい。
でも、辛抱強く並んで無事に駐車場に入る。ダンナ氏に言わせると、家族四人揃って買い物にでかけられる日は滅多にないから、お正月はチャンスなんだそうな。確かにふだんは土日関係なくどんどん予定が入る。特に娘と自分。
広い敷地を歩きまわりながら子どもたちの服を物色&お買い物。日が暮れても客足は一向に衰えず、小さな子連れのファミリーやお犬様を連れた家族が大量に目につく。「少子化」? 「不況」? なにそれ? とつぶやきたくなる別世界だった。この日歩いたのは4000歩くらい。
すっかりくたびれて帰宅したのちは、予め用意しておいたラム肉スライスを使って、自宅deジンギスカン。部屋中に焼き肉のにおいと煙が広がりましたとも。しかし、ふだん夕方~夜にかけて仕事をしている都合上、4人揃って鍋とか焼き肉とかもなかなか難しく、この晩はよいチャンスなのだった。

そして三が日のシメがこちら。


ツイッター情報によれば、二日酔い防止にはこれが効くらしい。
三日間、胃腸もお疲れ様でした。

4日からは通常営業のはず……です。本を読んだり物書きしたり。
スケジュールを確認したら、たちまち長いtodoリストの出来上がりですよ、奥さん。


PR

今年のまとめ―2015年

今年は何より、X回目の年女。よくぞこの年まで無事に生きてきたもんだ。
だからというわけではないだろうが、刈り取りと種まきを同時に行ったような、濃い一年だった。
ありがたいことが多すぎて、どちらに足を向けて寝たらいいのか困ったほど。

色々あったので、まとめやすくするため、昨年の例にならって分野別、箇条書き風に書き出してみた。

断捨離のハードルの上げ具合

わが家のオーディオセットには、CDデッキはもちろん、ターンテーブルもカセットデッキもあるのだが(アンプやスピーカーも含め、すべて☓☓☓オフで揃えたというのが、自慢にならない自慢)、しばらく前にカセットデッキがお亡くなりになってしまって、結果、カセットテープをまともに再生できるマシンがなくなってしまった。
もちろん、中高生〜学生時代にかけてせっせとため込んだカセットは大量に残っている。マーラーにベートーベン、シベリウス、数々のVlaコンチェルト、さらにはビートルズやサイモン&ガーファンクル、「風の谷のナウシカ」のサントラ、「交響詩・銀河鉄道999」まで!

……これ、どうするよ?

丘を花で飾る

鬱々とした気分の時には掃除をするに限るのだが、物理的な掃除だけではなんとも気分が上がらないことがある。そんな時はふらりとお出かけをすると、精神的に風通しが良くなることがある。

ということで、モリコロパークで開催中の「全国都市緑化フェア」の様子をちらりと見てきた。
愛知万博以来、少しずつ時間をかけて再整備中のモリコロパークだが、広大な遊歩道といい、新しくできた地球市民交流センターといい、今はとても良い感じ。



大人になるっていうのは

今回は、何事も光のあるところには影ができるし、暗闇がなければ光が差してもわからない。という話の具体例。



with Ajax Amazon