忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

丘を花で飾る

鬱々とした気分の時には掃除をするに限るのだが、物理的な掃除だけではなんとも気分が上がらないことがある。そんな時はふらりとお出かけをすると、精神的に風通しが良くなることがある。

ということで、モリコロパークで開催中の「全国都市緑化フェア」の様子をちらりと見てきた。
愛知万博以来、少しずつ時間をかけて再整備中のモリコロパークだが、広大な遊歩道といい、新しくできた地球市民交流センターといい、今はとても良い感じ。


PR

大人になるっていうのは

今回は、何事も光のあるところには影ができるし、暗闇がなければ光が差してもわからない。という話の具体例。



古今東西新郎新婦はさらしもの

昨年の秋、愛知祝祭管弦楽団にて、ブルックナー8番を相手に悪あがきしていたころ、同じ楽団の水面下で、もう一つのプロセスが進行していました。

演奏会は無事に終わり、冬が訪れやがて春の訪れが予感されるようになったころ、ある朗報が楽団内のFBを通じて駆け巡りまして。はい、団内カップルがゴールインです。

これは団を挙げてお祝いしなくては、と去る5月24日の練習後に祝賀パーティが開かれました。以下、その模様のレポートです。



放任と放牧の間(子育ての話)

先日、息子の高校でPTA総会&講演会のセットがあったので出かけてきた。


この高校は毎年子育て関連の講演会を開くようで、昨年のテーマは「アンガーマネジメント」。怒りの感情をコントロールする術の話で、なかなか面白かった。今年は親子の距離感がテーマということで、やはり興味を覚えたので参加してみた。



今年のお正月

どこまで総括好きなんだとセルフ突っ込みしつつ。
お正月休みをかけて、あーでもないこーでもないと考えた結果、新年の抱負は「続・コミュ障を治す」もとい、「コミュニケーションの壁に出入り口をつける」にしようと決めた。コントロール大事。
あと、読書数を増やすとか、作品をガンガン書くとかあるけれど、これは新年のアレというよりは、この先何年も続くであろうミッションなので、もう抱負とは言わない。

with Ajax Amazon