忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

どうすれば「美」は見えますか

リニューアルを終えたばかりの豊田市美術館探訪記その2


美術館に入るとすぐ、吹き抜けの2階へ続く階段が目に入る。その階段を上った先にあるのが展示室1で、「ソフィ・カル――最後のとき/最初のとき」の最初の作品、〈盲目の人々〉が展示されているところ。


PR

「芸術植物園」

オペレッタと抱合せで、県美術で開催中の「芸術植物展」も見てきたが、予想以上に面白くて大収穫だった。

ギリシャ芸術はヨーロッパ人の心の故郷

愛知県陶磁美術館で開催中の、〈ギリシャ陶器「古典の誕生」 〉展を見てきた。週末だというのに、ほとんどお客がいなくてガラガラだったけれど、お陰でじっくり見ることができた。とても興味深い展示だった。


また会えたね(愛知県美のコレクション展)

プラハ放送交響楽団の演奏会の日。本番が始まるまで時間があったので、同じ建物内にある愛知県美術館にも寄ってきた。この時は片岡球子展をやっていたが、時間に制約があったので、あえてコレクション展だけ。



ロイヤル・アカデミー展見てきました

本日は、愛知県美術館で開催中の「ロイヤル・アカデミー展」の感想を少々。

1768年、ロンドンに設立された「ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ」は設立当初から現在に至るまで、英国美術界の最高権威の立場を守ってきた。(ちなみにベートーベンの生年が1770。音楽で言えば古典派真っ盛りの時代に設立されている)
アカデミーの正会員になることは、芸術家として大変な名誉だった。正会員と認めてもらうために提出する「ディプロマ・ワーク」、美術を学ぶ学生の教育用として、ヨーロッパ各地から集められたマスターピース、これらがアカデミーの主な収蔵作品である。18~9世紀の英国美術を代表する画家の作品を展示したのが、今回の「ロイヤル・アカデミー展」。


with Ajax Amazon