忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

ブラームスの魂の行方

先日聞いてきた「ドイツ・レクイエム」について、演奏の印象とは別に、曲そのものについて考えたことをつらつら書いてみる。
PR

命の洗濯2

本日は新緑の中をドライブしつつ、多治見市の文化会館までロビーコンサートを聴きに行ってきた。名フィルのビオラ奏者四人を招いての、市民のための無料コンサート。

「変容」を聴きに

名フィル第431回定期の話です。

演目は
R.シュトラウス 「メタモルフォーゼン〜23の独奏弦楽器のための習作」
ブルックナー 交響曲第9番(コールス版)

このプログラム、ある種のクラオタにはたいそう美味しい組み合わせで、私などは演奏会前日にこのプログラムを知り、その日のうちにネット経由でチケットを確保したほど。席は、指揮者を正面から拝むことができて、奏者の背中がとても近いP席。



マーラー先生はお仕事が好き

本番直前のこの期に及んで、マーラーの伝記など読んでみた。
図書館で見つけたのがコレで→近代音楽の創造者 マーラー・ドビュッシー・ストラヴィンスキー (大作曲家の世界)、パラパラとめくってみると図版が多いし、さらりと読めるかと思ったら、予想に反してなかなか濃い内容だった。特に人生の前半にボリュームが割かれている。マーラー家の祖先、どんな土地に暮らしていたか、両親の気質、兄弟姉妹のこと、どんな友人と付き合っていたかなどが詳しく書かれている。指揮者として極めて優秀だったにもかかわらず、仕事する先々で敵を作ってしまい(原因は彼がユダヤ人であったこととか、妥協を許さない性格が災いしたとか、まあいろいろ)、結果的にドイツ~東欧の様々な劇場を転々としなくてはならなかったこと、アルマ一筋かと思ったら、彼女に出逢うまでに何人かの女性と(主に歌手)関係を持っており、ただ、邪魔が入ったりして結果的に40才まで結婚できなかったらしい、ということもきっちり書かれていて、大変興味深かった。

はじめてのオペレッタ

知り合いから招待券をもらった友人に誘われ、はじめてのオペレッタ鑑賞をしてきた。メルビッシュ湖上音楽祭日本公演のヨハン・シュトラウス「こうもり」。おなじみのワルツに乗って登場人物たちがめまぐるしく歌い踊る。

with Ajax Amazon