忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

「夜」はカオスを内包できるほどに懐が深い

名古屋マーラー音楽祭、9月はオルカフィルによる交響曲第7番「夜の歌」。

日時:2011/9/4(日) 15:00開演
会場:愛知県芸術劇場コンサートホール
演奏:オルカ・フィルハーモニー管弦楽団
曲目:マーラー/交響曲第7番「夜の歌」
指揮:角田鋼亮

詳しくはこちら→http://mahler.nagoyaongakunotomo.or.jp/ja/part1/201109

当日は子どもたちそれぞれに用事があって送迎が必要だったり、家人は体調悪そうにゴロゴロしているし、おまけに天気は悪いし、果たしてコンサートホールへ出かけるだけの余裕はあるのか?(時間的にも精神的にも)、という状態だったが、出かけてよかった。帰りにマイミクさんたちとお茶もできて、なお良かった。
7番は、編成がアレな上に難解曲として有名なせいか、生で聴ける機会はあまり多くないから、やっぱり行ける時に聴いておかないと。
PR

あのハンマーは生で見るに限る

名古屋マーラープロジェクト、7月の巻は、名古屋市民オケによるマーラー6番「悲劇的」。わざわざ仕事の休みをとって出かけたが、聞いてよかった演奏会のひとつ。チラシもいい感じ。クリムトの絵と合わせるなんてありがちすぎるかもしれないけど、好みのツボにはまってます。

マラ6チラシ
名古屋市民管弦楽団第66回定期演奏会

2011年7月3日 13時30分開演
於 愛知芸術劇場コンサートホール

プログラム
モーツァルト 歌劇「魔笛」序曲
マーラー 交響曲第6番「悲劇的」

指揮 現田茂夫



さすが老舗の市民オケ、ピッチが抜群にそろっているし、リズム感も危なげない。
ひとつ残念だったのは、呼吸が浅いな、と感じてしまったこと。音を体の芯で捉えきる前に流してしまっている感じがあって、モーツァルトの出来は、きちんとそろっているけどエッジの立ってない演奏に聞こえた。モーツァルト特有の疾走感が足りないというか。
その点、楽団員をあまり信頼していなかったらしいマーラーは、とにかく楽譜通りに音を出せば(これがまた難儀なことなんだけど)音楽として成り立つように曲を作っている。だから6番は掛け値なしに楽しめた。

マーラーが無理!ならブラームス

知り合いのみなさんがマーラー音楽祭で盛り上がっている中、仕事があってステージに乗れない私は、ただ指を加えてミクシの実況を読んでいたわけではありません。自分にできることをしてきました。

職場の隣にあるホールでも演奏会がありまして、偵察がてら聴いてきました。かなり好みのプログラムです。

笛祭り

マイミクさんに声をかけていただき、岡崎リコーダー祭りを聴きに行ってきた→
リコーダーを愛して演奏する人ならプロ・アマ問わず参加できるという、とても楽しそうな企画で、弦楽器でも同じような企画はないものだろうかと思ったけど、それをやったら、プロとアマの力の違いが大きすぎてお客さんがつらいかもしれないと思い直した。


どっちがメインだ? その2

「マーラープロジェクト名古屋」の演奏会の後半プログラムはワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」より美味しいところを抜粋したもの。
有名な前奏曲のみならず、歌手と合唱団が登場して、本物の歌劇を再現。これがもう素晴らしい迫力だった。

前奏曲、最初の和音からして「トリスタン〜!」な響きで世界に引き込まれた。
「トリスタン」の内容については理解不能なんだけど音楽は綺麗なんだよなあと思いつつ聴き入っていたら、前奏曲が終わるあたりでトリスタン役とイゾルデ役の歌手がすくっと立ち上がり、互いの名前を呼び合った。その瞬間ステージの空気が変わって、鳥肌が立った。前奏曲のすべてはこの瞬間のためにあったのかと思うほど。

その後も、二人の絡みを中心に主要な場面を演じてゆくのだが、声の迫力は圧倒的で、オーケストラは場面の空気を盛り上げる黒子に徹しているように感じた。音楽が舞台の大道具や小道具の役割を果たしている。音楽が道具として効果を発揮するには、やはりこの歌劇全体を理解していないといけないから、技術面だけでなく、精神面で随分難しいだろうなと思った。

うん、精神面はちょっと難しい。

with Ajax Amazon