忍者ブログ

びおら弾きの微妙にズレた日々

魚の群れに遭遇したような

「本日はお日柄もよく」ということで、GW明けの平日を選んで、豊田市美術館へ展覧会を見に行ってきた。
(クリックすると拡大します)

まずは軽く1階の「デトロイト美術館展」から。
印象派から近現代にかけての名品を集めた絵画展で、モネ、ルノワール、ゴッホ、セザンヌ、マティス、ピカソなど、そうそうたる画家の作品が並ぶ。4章立ての構成で、1章 印象派、2章 ポスト印象派 3章 20世紀のドイツ絵画 4章 20世紀のフランス絵画 という具合に、ざっくりした分け方でありながら、19~20世紀前半の絵画の流れがわかりやすくまとめられていた。どれも素晴らしい作品なので、じっくり見ていると時間がいくらあっても足りない。そんな鑑賞者のために、この展覧会では平日に限り、作品の撮影が許可されている。もちろん、禁止事項はいくつかあるので、それらを守った上での撮影だが、自分のスマホに名品が収まっているかと思うと(もちろん壁紙にもできる!)贅沢な気分になれる。
自分的に最大の収穫は、ピカソ。キュビズムを駆使した「座る女性」と古典回帰時代の「肘掛け椅子の女性」が並んで展示されているさまは圧巻だった。両方とも、イスに腰掛ける女性をモデルにしているが、まるでタッチが違うのにやはり同じピカソの作品なのだ。
また、「踊り子」で有名なドガの作品を見ていると、モデルの細部はきっちり描いているのに、背景が適当な色で塗りつぶされていることが多くて「実はこの画家って飽き性?」疑惑が浮かんできたり。
これらの作品は今でこそ、古典のように扱われているのだが、リアルタイムではどれも絵画の常識を打ち破るような前のめりの作品だったということが、解説を読むとよくわかる。

次は吹き抜けの階段を上がり、この美術館の本丸とも言える2階へ。そこでは「山本富章|斑粒・ドット・拍動」が展示中だった。こちらは現代の日本で活動する作家だ。
PR

新緑ドライブ

GWの最終日は、ようやくお出かけらしいお出かけをしてきた。
新東名高速に乗って三河の奥地まで出向き、山道をうねうね走って帰ってくるコース。


美術館とマーケット

GW2日目、天気に恵まれたのでふらりと豊田市美術館へ行ってみた。
折しもデトロイト美術館展で大賑わいしており、チケット売り場には行列ができていた。残念ながらこの日は時間がなかったので、展覧会は後日にゆずり、外回りを散歩することにした。新緑が見事なこの季節、景色をながめるだけでも十分楽しいが、ちょうど前庭では「ミュージアム グリーン マーケット」開催中で、ぶらぶら歩き回るにはもってこいだった。

   

お猫さまの接待

先日、近くに新しくできた猫カフェに行ってみた。
プレイルームでゴロゴロする猫さまを愛でながら食事をしたり、プレイルームの中に入って猫さまに遊んでいただくというお店。
ランチは正直なところあまり安くはないけれど、
味は良いし、ネコを愛でる席料込みだから
こんなものかとも思う。
ネコの置物は、塩&コショウ入れ。


ブラームスの魂の行方

先日聞いてきた「ドイツ・レクイエム」について、演奏の印象とは別に、曲そのものについて考えたことをつらつら書いてみる。

with Ajax Amazon